電話番号

営業時間:
9:00~6:00
定休日:
水曜日・祝日

舞鶴市の不動産|株式会社住建ネット > 株式会社住建ネットのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸契約における連帯保証人の条件とは?保証会社という選択肢も

賃貸契約における連帯保証人の条件とは?保証会社という選択肢も

記事一覧   リノベーションは不動産売却の前と後どちらにおこなうべきか解説|次へ ≫

賃貸契約における連帯保証人の条件とは?保証会社という選択肢も

賃貸契約における連帯保証人の条件とは?保証会社という選択肢も

賃貸契約を結ぶ際、かならず求められるのが連帯保証人の存在。
しかし、そもそも何のために保証人が必要なのかわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、賃貸契約の保証人に認められるための条件や、保証人の代わりになる保証会社の存在について、そして契約途中で保証人を変更する方法についてもご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の契約時に保証人を頼める相手の条件とは

賃貸契約の連帯保証人になるためには、収入が安定していて、支払い能力があることが大切な条件となります。
なぜなら連帯保証人は、もし賃貸物件の借主が家賃を滞納した場合、借主の代わりに家賃を支払う義務を負うからです。
連帯保証人は重大な責任を負うこともあり、借主の「二親等」もしくは「三親等以内」の親族に限定されている場合が多いですが、収入や支払い能力に問題がなければ「友人」が連帯保証人として認められるケースもあります。
どちらにせよ、連帯保証人になるのであれば勤務先や年収などを記入した書類を提出しなければならず、借主と信頼関係のある相手が務めるのが基本です。
契約した物件によっては、収入証明の提出を求められることもあると考えておきましょう。

賃貸契約時に保証人が見つからなければ保証会社を利用しよう

保証会社とは、借主が保険料を支払うことで、連帯保証人と同じ責務を果たしてくれる会社のことです。
これまでは連帯保証人が見つからない場合に保証会社を利用するケースが一般的でしたが、近頃は不動産会社のほうから保証会社をすすめられることも多くなっています。
保証会社を利用する際には、借主本人が保証会社の審査を受ける必要があります。

賃貸契約の途中で保証人を変更する方法とは

連帯保証人が退職して収入がなくなったり、関係が悪くなってしまったりと、賃貸契約の途中で保証人の変更が必要になることもあります。
その場合は、入居時と同じ手続きをやり直さなければなりません。
保証人になってくれる相手を見つけたら、再び書類を用意して管理会社もしくは大家さんに審査を依頼します。
保証人をたてずに保証会社を利用している方でも、その会社が倒産してしまう可能性がないわけではありません。
その場合も、変更先の新たな保証会社を探し、賃貸契約時と同様に改めて審査を受けることになります。

まとめ

借主と同等の責任を負うことになる連帯保証人は、万が一の際には迷惑をかけることになることも意識して、信頼のおける相手を選ぶようにしましょう。
お願いする際には、家賃の金額など具体的な数字を説明しておくことも大切です。
金銭がかかわる大切な手続きなので、トラブルにならないよう慎重に進めてくださいね。
私たち株式会社住建ネットは、舞鶴市を中心に不動産情報を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

記事一覧   リノベーションは不動産売却の前と後どちらにおこなうべきか解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る