電話番号

営業時間:
9:00~6:00
定休日:
水曜日・祝日

舞鶴市の不動産|株式会社住建ネット > 株式会社住建ネットのスタッフブログ記事一覧 > 土地の価値を知りたい!固定資産税評価額を含む5つの評価額を解説

土地の価値を知りたい!固定資産税評価額を含む5つの評価額を解説

≪ 前へ|賃貸物件における火災保険の必要性とは?個人で加入するメリット・デメリットもご紹介   記事一覧   共同名義での不動産購入はどうすればいい?メリット・デメリットも解説|次へ ≫

土地の価値を知りたい!固定資産税評価額を含む5つの評価額を解説

土地の価値を知りたい!固定資産税評価額を含む5つの評価額を解説

住まいを売買する際に、評価額という言葉を聞いたことはないでしょうか。
どのようなものか、どのくらいの価格になるのか気になる方は多いと思います。
そして、どのように決められていて、評価項目はいくつあるのでしょうか。
こちらの特徴や調べる方法について、ご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

評価額とは、土地の価格はどうやって評価されているか

土地や建物について、さまざまな税金が計算されたときの基準となるものがあります。
土地には5つの評価額があり、実勢価格、公示価格、基準地価、相続税路線価、固定資産税評価額になります。
そして、土地と建物は分けて評価される場合があり、その理由として建物は築年数が関係してくるためです。
また、不動産会社などの民間が評価しているものと、公的機関で決定される評価額があります。

5つの評価額とその種類や特徴

評価額は5種類あり、それぞれに内容が異なっています。
それでは、1つずつ説明していきます。

実勢価格

時価ともいわれるもので、値段が大きく変わることがあります。
そして、土地の実際に行われている売買の取引額のことで、わかりやすい調べ方として、固定資産税評価額の70%ほどといわれています。

固定資産税評価額

不動産鑑定士が建物の築年数などから実際に確認し、評価する価格のことです。
また、こちらは評価する価格の1.4%と決まっています。
そして、固定資産税を含む税金は、毎年不動産の価値に応じて税率が定められています。

公示価格

国土交通省が算定して公表する価格で、毎年3月の中旬から下旬に発表になり、公的機関が評価する価格となります。
また、公表する同じ年の1月1日時点の標準値1㎡あたりの地価をいいます。

基準地価

毎年1月と7月の2回にわたって鑑定され、発表されます。
土地の価格の基準として発表され、土地の売買など実際の取引で役立てる目的があります。
都道府県が公表する全国2万ヵ所以上の基準値1㎡あたりの価格のことです。

相続路線価

相続税や贈与税の基準になる価格をいいます。
そして、路線価の路線が示す意味は、道路のことで各道ごとに設定されています。
その道路に面している1㎡あたりの価格が公表されます。

評価額の調べ方について

固定資産税評価額は、毎年送付される固定資産税の納税通知書でわかります。
公示価格と基準地価については、国土交通省ホームページにある、国土交通省地価公示、都道府県地価調査から確認できます。
調べたい場所を都道府県から市町村の順にしぼり検索しましょう。
相続路線価を調べる方法は、国税庁のサイトにある路線価図、評価倍率表でわかります。
調べる方法は公示価格などと同じく、都道府県から順番に検索できます。

まとめ

評価額とは、いろいろな税を計算した基準値のことです。
そして、土地の評価額については5つあり、それぞれに特徴と算出方法があります。
また、土地と建物は必ずしも評価が一緒になるわけではなく、建物に関しては、経過した年数により異なることがあり、調べたい場合はインターネットで簡単に検索できます。
土地の売却を検討されている方のご参考になれば幸いです。
私たち株式会社住建ネットは、舞鶴市を中心に不動産情報を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件における火災保険の必要性とは?個人で加入するメリット・デメリットもご紹介   記事一覧   共同名義での不動産購入はどうすればいい?メリット・デメリットも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る