0120-932-522

営業時間:
9:00~6:00
定休日:
水曜日・祝日

舞鶴市の不動産|株式会社住建ネット > 株式会社住建ネットのスタッフブログ記事一覧 > 調査の仕方がわかりにくい土地の情報はどこで確認できるのか

調査の仕方がわかりにくい土地の情報はどこで確認できるのか

≪ 前へ|住宅購入資金を親に援助してもらう場合のポイントとは?   記事一覧   リフォームとリノベーションの違いとは?それぞれのメリットについて解説|次へ ≫

調査の仕方がわかりにくい土地の情報はどこで確認できるのか

調査の仕方がわかりにくい土地の情報はどこで確認できるのか

土地購入に本腰を入れ始めると、その場所の登記情報や接する道の種別を確認したいのに、どうやって調査したら良いのか、わからないことは多いですね。
滅多に利用しない法務局や市町村の役所のどこで何を聞けば良いのか、押さえておきたい調査ポイントなどを解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

登記から土地を調査する仕方

法務局には、所有者名、購入した日、抵当権の設定など多くの情報が細かく記録されています。
どのように情報を取得するか、確認の仕方を知っておきましょう。

土地購入前にやっておくべき調査

購入前に必ずやっておくべき調査は、法務局に記録されている内容と現状の違いの確認です。
現状では家が建っているのに登記上は畑だったり、実際の隣地境界線とは違っていたりと、購入後に困ってしまう場合があります。
購入前に、法務局で登記事項証明書を確認し、問題がないかを確認しておきましょう。

登記内容の確認の仕方

記録されている内容を確認するには、管轄の法務局へ行き、登記事項証明書交付申請書を提出するだけで簡単に取得できます。
オンライン申請もできるので、自宅にいながら取得することも可能です。
取得するには登記印紙を購入して申請書とともに提出する必要がありますが、法務局には登記印紙購入窓口があるので、事前に準備していなくても大丈夫です。
登記事項証明書の取得に要する手数料は以下のとおりです。

●窓口申請:600円
●オンライン申請(郵送):500円
●オンライン申請(窓口交付):480円

用途地域による使用制限に注意

土地購入で気を付けたい点は、用途制限が設定されているかです。
せっかく気に入っても、建築や使用目的に制限がついてしまうのは困りますね。

用途地域の制限とは

用途地域とは、市町村の都市計画による利用制限地域で、住みにくい都市にならないよう建築制限や用途制限が設けられています。
種別は、住宅8種、商業2種、工業3種の全13種類の用途地域があります。
調査の仕方は、管轄の市町村の都市計画課で確認、インターネットで「地名・用途地域」と検索することでわかります。

土地に接する道路の調査

気に入った土地があっても、接道義務を満たしていなければ、家を建てることはできない可能性があります。
購入予定地に接する道路の情報は必ず調べましょう。

道路への出入りを確保する接道義務

接道義務とは、建築基準法によって定められており、幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならないとされています。
緊急車両の出入りなどの安全面や、日照や通風を確保するためで、適用される地域は都市計画区域です。

道路所管課で確認する

現地を見て確認することも必要ですが、役所の道路台帳に記載された内容と異なっていたり、内容の詳細までは確認できません。
そこで、市町村の役所の道路所管課に備えられている道路台帳や図面などで調査したい場所を確認してみましょう。
土地購入を考えており、接道の道路種別を確認したいと伝えると、スムーズに情報を取得できます。

まとめ

用途制限が設けられている土地だと自分の好きなように建築するのは少しばかり困難かもしれません。
気に入った土地があれば、、自分の希望が叶えられる土地かを調査してみましょう。
不動産のことでお悩みがあれば、プロにお任せください。
私たち株式会社住建ネットは、舞鶴市を中心に不動産情報を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

舞鶴市で不動産をお探しのお客様はこちら。
≪ 前へ|住宅購入資金を親に援助してもらう場合のポイントとは?   記事一覧   リフォームとリノベーションの違いとは?それぞれのメリットについて解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る