0120-932-522

営業時間:
9:00~6:00
定休日:
水曜日・祝日

舞鶴市の不動産|株式会社住建ネット > 株式会社住建ネットのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンを頭金なしで組むメリットとデメリットを解説!

住宅ローンを頭金なしで組むメリットとデメリットを解説!

≪ 前へ|家を売却する際のホームステージングとは?メリットや費用についてご紹介!   記事一覧   不動産売却の利益はどう計算する?売却益の計算方法と節税の関係性を解説|次へ ≫

住宅ローンを頭金なしで組むメリットとデメリットを解説!

住宅ローンを頭金なしで組むメリットとデメリットを解説!

一生のうちでもっとも大きな買い物といわれるマイホーム購入の際は住宅ローンを組むことが一般的に多いです。
その際に頭金は必要なのか、疑問を抱いている方もいるでしょう。
そこで今回は、頭金なしでも住宅ローンを組めるのかについて解説します。
また頭金なしで住宅ローンを組むメリットとデメリットもあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅購入時の頭金とは?頭金なしでも購入は可能?

「頭金」とは、住宅ローンで住宅を購入する際に、自己資金ではじめに支払う現金のことです。
たとえば住宅購入費が3,000万円で頭金として不動産会社へ300万円支払った場合、残りの2,700万円を住宅ローンとして借り入れる形となります。
しかし頭金は必須ではなく、購入費全額の住宅ローンを組むことも可能です。
ただし住宅購入時には購入価格のほかに印紙税や登記費用、ローン手数料などといった諸費用を現金で支払わなければならない点に注意しなければなりません。

住宅ローンを頭金なしで組む場合のメリットは?

住宅ローンを頭金なしで組むメリットとして、第一に手元に現金を残せる点が挙げられます。
不測の事態が起きて現金の支払いが必要になった場合のリスクにも対応が可能です。
また、理想の住宅と巡り合ったときに迷わず購入できる点もメリットといえるでしょう。
住宅ローンを早期に借り入れれば、そのぶん早く返済を終えられます。
また住宅の購入費を全額借り入れる場合、住宅ローン控除を最大限に利用できる点もメリットの1つです。
住宅ローン控除は年末時点の住宅ローン借入残高の1%が所得税と住民税の一部から控除される制度で、最大控除額は年間40万円です。
さらに長期優良住宅・認定低炭素住宅であれば最大50万円の控除を受けられます。
借り入れの金額が高ければ、より控除額が大きくなる可能性があります。

住宅ローンを頭金なしで組む場合のデメリットは?

頭金なしで住宅ローンを組もうとすると資金に余裕がないと捉えられ、金融機関の審査が通りにくくなります。
購入費の全額を住宅ローンで借り入れると、総返済額が増える点もデメリットとしてあげられます。
月々に支払う返済額を減らしたいと考える場合は返済期間が長期化してしまうことに注意しましょう。
また住宅ローンを変動金利型で組んだ場合、金利の上昇に伴い返済額が増えてしまう点もデメリットです。

まとめ

住宅を購入する際、頭金を支払わなくても住宅ローンを組むことは可能です。
頭金なしで組む場合、手元に多くの現金が残せる点や住宅ローン控除を最大限利用できるといったメリットがあります。
総返済額が増えたり、返済期間が長引いたりといったデメリットも押さえておくことも大切です。
私たち株式会社住建ネットは、舞鶴市を中心に不動産情報を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

舞鶴市で不動産をお探しのお客様はこちら。
≪ 前へ|家を売却する際のホームステージングとは?メリットや費用についてご紹介!   記事一覧   不動産売却の利益はどう計算する?売却益の計算方法と節税の関係性を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る