0120-932-522

営業時間:
9:00~6:00
定休日:
水曜日・祝日

舞鶴市の不動産|株式会社住建ネット > 株式会社住建ネットのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時に注意したいオーバーローンとは?リスクや注意点についても解説

不動産購入時に注意したいオーバーローンとは?リスクや注意点についても解説

≪ 前へ|家族で賃貸物件に住む場合!間取りや家賃の目安などについて解説   記事一覧   不動産売却するときに必要となるインスペクションを解説|次へ ≫

不動産購入時に注意したいオーバーローンとは?リスクや注意点についても解説

不動産購入時に注意したいオーバーローンとは?リスクや注意点についても解説

オーバーローンとは、言葉では聞いたことがあっても実際にどういうもので、どんなリスクがあるのか分からないという方も多いと思います。

融資の審査ハードルが緩和されたこともあり、金融機関が積極的にすすめてくれるようになりましたが、本当にリスクはないのでしょうか。
今回はそんなオーバーローンの概要や注意点についてもご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入するときに聞くオーバーローンとは?

不動産購入におけるオーバーローンとは、購入する不動産の金額以上の融資を受けることを指します。
諸費用などを用意せずに全部融資をしてもらうのがこの形となります。
フルローンは、そもそも諸費用を自分で用意するものとして借入をおこなうので、別のものとなるのです。
諸費用とは、保険料や保証料、印紙代や登記費用、仲介手数料や引っ越し費用などが該当し、必要な場合は修繕積立基金や水道負担金なども発生します。
こまごましていてもその額は大きく、全部合計すると購入する住宅の価格の3~10%程度かかってしまうことから、こうした理由からも選択されます。

不動産購入時にオーバーローンをする際の注意点について

オーバーローンを利用する上での注意点としては、基本的に融資に上乗せできるのは住宅取得にかかる費用のみということです。
借り入れた金額は住宅の取得以外には使えないので、融資のお金を大型の家電や家具、自動車の購入にあててしまった場合は違法となります。
ここで注意したいのが、違法なオーバーローンです。
悪質な業者は住宅購入以外の利用目的をすすめてオーバーローンを組ませようとしてくるのです。
住宅と一緒に家具家電、車などが購入できるというので組まされてしまい、ローン利用者である自身も詐欺罪で訴えられてしまうということもあります。
契約のときは注意しておきましょう。

不動産の購入時にオーバーローンを考えているならリスクも把握しよう

諸費用を用意してくれるオーバーローンですが、そのなかには金利が高くなってしまう、毎月の返済額が高くなってしまうというリスクも存在します。
また、オーバーローンは不動産の購入価格を超えて借り入れしている性質上、返済額の状況によっては住宅が売却できません。
売却できないリスクは、離婚などによって財産分与が発生したときにも大きなリスクになるので、利用するときは先を見据えた人生設計が必要です。

まとめ

オーバーローンとは、不動産を購入する際にすぐに用意できない諸費用をローンでまかなうものでした。
しかしこれはあくまで住宅を取得するための費用のみの融資なので、ほかには使えないという注意点があります。
購入する不動産の金額以上を融資してもらうため、金利が高くなるなどのリスクはしっかり把握しておきましょう。
私たち株式会社住建ネットは、舞鶴市を中心に不動産情報を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|家族で賃貸物件に住む場合!間取りや家賃の目安などについて解説   記事一覧   不動産売却するときに必要となるインスペクションを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る