0120-932-522

営業時間:
9:00~6:00
定休日:
水曜日・祝日

舞鶴市の不動産|株式会社住建ネット > 株式会社住建ネットのスタッフブログ記事一覧 > ペアローンで家を購入するメリットとデメリットとは!共働き夫婦におすすめ?

ペアローンで家を購入するメリットとデメリットとは!共働き夫婦におすすめ?

≪ 前へ|マイホームの頭金はいくら必要?相場や注意点について解説   記事一覧   住宅購入資金を親に援助してもらう場合のポイントとは?|次へ ≫

ペアローンで家を購入するメリットとデメリットとは!共働き夫婦におすすめ?

ペアローンで家を購入するメリットとデメリットとは!共働き夫婦におすすめ?

家を購入するときに利用する、住宅ローンのペアローンとはどのような特徴があるかご存じでしょうか?
実は、ペアローンで家を購入する家庭が増えているのです。
どうしてペアローン利用者が増えているのか、今さら聞けないペアローンの特徴やメリットをご紹介します。
また、ペアローンにするデメリットや注意点も見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

ペアローンで家を購入する夫婦が増えている!その特徴とは?

ペアローンとは、1つの物件を複数の債務者がそれぞれローン契約することです。
ペアローンの特徴は、ローン契約でお互いに連帯保証人となり借り入れること。
複数の債務者としましたが、債務者は2名までと制限されているのが一般的です。
家を購入する場合は夫婦でペアローンにすることがほとんどですが、親子や同性パートナーと契約ができます。
ちなみに、連帯保証人とは、主債務者が返済できなくなったときに代わりに返済する義務がある方のことです。

家を購入するのにペアローンを利用するメリット!借り入れ可能額が変わる!

夫婦でペアローンを利用して家を購入するメリットは、借り入れ可能額が増えて2人とも住宅ローン控除が受けられる点です。
住宅ローンは年収によって、借り入れ可能額が決まります。
ペアローンでは夫婦それぞれが別でローンを組むので、借り入れ可能額の総額がアップするのです。
借り入れ可能額が増えれば購入できる物件の選択肢が増え、より理想に近い不動産を購入できるでしょう。
また、夫婦でペアローンを利用すると、それぞれで住宅ローン控除を受けられるのもメリットです。

ペアローンのデメリット!家を購入した後に生活が変わることも

ペアローンはメリットが多い制度ですが、デメリットや注意点もあります。
それは、家を購入した後に生活が変わる場合がある点です。
たとえば、離婚や退職が考えられます。
離婚しても、住宅ローンが消えるわけではありません。
売却するにしてもそのままどちらかが住み続けるにしても、購入した家は共有名義になっているので、双方の同意が必要です。
また、夫婦のどちらかが退職や転職、休職するケースも考えられます。
転職や休職で夫婦の収入が下がってしまった場合も、ペアローンの返済は続けなければいけません。
さらに、パートナーが亡くなってしまうケースがあることも考えておく必要があります。
団信の効果でパートナー分の住宅ローンは無くなりますが、自分の分の住宅ローンは支払い続けなければいけないのです。

まとめ

夫婦で家を購入する際に利用できるローンのひとつとしてペアローンをご紹介しました。
共働きの夫婦が増え、家を購入するときの住宅ローンの支払い方法にペアローンを選択肢に入れる家庭が増えています。
ペアローンは夫婦で返済できて住宅ローン控除が利用できるなど、メリットが多い仕組みです。
しかし、デメリットや注意点もあるので、夫婦でじっくり話し合って支払い方法を選んでください。
私たち株式会社住建ネットは、舞鶴市を中心に不動産情報を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

舞鶴市で不動産をお探しのお客様はこちら。
≪ 前へ|マイホームの頭金はいくら必要?相場や注意点について解説   記事一覧   住宅購入資金を親に援助してもらう場合のポイントとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る