0120-932-522

営業時間:
9:00~6:00
定休日:
水曜日・祝日

舞鶴市の不動産|株式会社住建ネット > 株式会社住建ネットのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却をするために締結する媒介契約とは?

不動産売却をするために締結する媒介契約とは?

≪ 前へ|不動産売却の現状渡しってなに?現状渡しのメリット・デメリットとは   記事一覧   マイホームを検討するならフラット35がおすすめ?条件やデメリットも解説|次へ ≫

不動産売却をするために締結する媒介契約とは?

不動産売却をするために締結する媒介契約とは?

不動産売却をおこなう際、必ず媒介契約を結びます。
しかし、媒介契約がどのようなものかしっかりと理解している方は少ないでしょう。
今回は不動産売却を検討している方に向けて、媒介契約とはなにかについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

媒介契約とは?

媒介契約とは不動産売却をおこなう際に、不動産仲介業者と締結する契約です。
不動産売却をおこなう多くの方は初心者のため、諸々の手続きやトラブルへの対処に不慣れな方が多いでしょう。
不動産などの売買の仲介依頼を受ける不動産仲介会社は、宅地建物取引業法で媒介契約を結ばなければいけません。
媒介契約を結ぶ際には、以下の3点をよく確認しましょう。

●受けられるサービス内容(業務仕様)
●仲介手数料
●売買条件


少しでも引っかかる点あれば、納得できるまで質問してみましょう。

不動産売却の際に結ぶ媒介契約の種類とその特徴

媒介契約には、主に3つの種類があります。

●一般媒介契約
●専任媒介契約
●専属専任媒介契約


結ぶ媒介契約の種類は売主が自由に決められるため、それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

一般媒介契約の特徴

一般媒介契約の特徴は、複数の不動産会社と同時に媒介契約を結べる点です。
他の媒介契約よりも選択肢が多く、ご自身で買主を探しても問題ありません。
ただし、不動産会社は同時に複数契約をするので、積極的な販売活動をしない場合があります。

専任媒介契約の特徴

専任媒介契約の特徴は契約可能な不動産会社は1社だけ、ご自身で不動産の買主を探すこともできます。
契約できるのは1社のみなので、不動産会社も販売活動を積極的におこない比較的買主が決まりやすく、スムーズな売却が可能です。
ただし、1社のみとの契約なのでその不動産会社の販売力に依存してしまいます。
契約する不動産会社選びは慎重におこないましょう。

専属専任媒介契約の特徴

専属専任媒介契約の特徴は、専任媒介契約とほぼ同じで違う点はご自身で不動産の買主を探せない点です。

不動産売却の際に結ぶ媒介契約はどれがいいのか?

3種類の媒介契約、それぞれの特徴をわかっていただけたでしょうか。
不動産を売却する際にどれがいいのかは、売りたいと思っている物件の条件によって変えるようにしましょう。

物件の条件が良い場合は一般媒介契約

一般媒介契約の特徴は、不動産会社と同時に複数媒介契約を結べる点です。
金額の比較もできるので、もっとも高く売却してくれる不動産会社を選ぶことも可能です。

物件の条件が悪い場合は専任媒介契約

立地などの条件が悪く、売れなさそうな物件は買主を積極的に探してくれる専属専任媒介契約がおすすめです。

物件の条件は悪いが知人が購入してくれそうなら専任媒介契約

物件の条件が悪い場合でも、自分で購入相手を見つけられそうであれば専任媒介契約がおすすめです。
積極的に買主を探してくれる上に、自分で購入相手も見つけられるためどちらの可能性もあれば専任媒介契約にしましょう。

まとめ

今回は、不動産売却をする際に締結する媒介契約をご紹介しました。
なかなか機会のない不動産売却で不安なことも多いでしょう。
あなたが売却したい物件の条件にあわせ媒介契約はどれがいいのかを考え、もっとも売れる可能性が高い方法を選んでくださいね。
私たち株式会社住建ネットは、舞鶴市を中心に不動産情報を取り扱っております。
不動産に関するお悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

舞鶴市で不動産をお探しのお客様はこちら。
≪ 前へ|不動産売却の現状渡しってなに?現状渡しのメリット・デメリットとは   記事一覧   マイホームを検討するならフラット35がおすすめ?条件やデメリットも解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る